品質方針について

企業理念

カラーリンク・ジャパン及びその社員は光操作技術を通して人々の暮らしを豊かにし、
快適な空間を創りあげることで社会に貢献します。

行動指針

変革への挑戦をモットーとし常に進化・成長を目指す。
創造・革新・挑戦(Creation・Innovation・Challenge)スピリットを持ち、
誠実・公正な企業活動を全てに優先する。
常にグローバルな視点で考え、最適なサービスを提供する。

環境方針

  • 1. 当社の事業活動及び製品が環境及び人に与える影響を把握し、環境汚染の予防と人と生態系への影響低減に努める。
  • 2. 環境関連の法律・条例・協定及び当社が同意するその他の要求事項を理解・順守し環境マネジメントシステム運用と環境改善活動の継続的改善を図る。
  • 3. 当社の事業活動及び製品が環境及び人と生態系に著しい影響を与える可能性のある次の項目を『環境改善重点項目』として推進する。
    • (1) 産業廃棄物の削減
    • (2) 省資源・省エネルギーの推進
    • (3) リサイクルの推進
    • (4) 環境配慮製品の開発・設計・販売の推進
    • (5) グリーン調達の推進と製品含有化学物質の管理

品質方針

2018 年度カラーリンク・ジャパン株式会社 品質方針

市場価格に対応した価格(安い)・高い性能(上手い)を実現するため迅速に(早い)行動。
後工程で不良を生まない予防品質管理の定着と維持のための能力向上を計る。

  • 最終顧客につながる品質の維持・管理
    最終需要家としての視点を持ち、その意識を行動に反映させながら業務を遂行する。
  • 事前検証、量産立上時の作りこみを通じて客先要求の理解を深め量産への迅速な移行を目指す。
    ISO9001の積極的な活用と改善で体系的業務推進能力を向上し実務に反映する。
  • 環境に配慮した企業活動と品質の両立
    法令順守を基本とし、製品の企画・設計・製造から使用・消費を経て廃棄されるまでの
    一貫した環境・品質管理体制の確立を図る。
  • 人為的な不良発生件数ゼロを目指す。
    円滑なコミュニケーションと緊張感のある職場環境の実現でポカミスゼロの生産を実現する。

重点施策

  • 最終顧客につながる品質の維持・管理
    最終需要家としての視点を持ち、その意識を行動に反映させながら業務を遂行する。
  • 品質マネジメントシステムの継続的改善
    ISO9001の積極的な活用と改善で体系的業務推進能力を向上する。
  • 環境に配慮した企業活動と品質の両立
    法令順守を基本とし、製品の企画・設計・製造から使用・消費を経て廃棄されるまでの一貫した環境・品質管理体制の確立を図る。
  • 人為的な不良発生件数ゼロを目指す。
    円滑なコミュニケーションと緊張感のある職場環境の実現でポカミスゼロの生産を実現する。

JIS Q 9001 : 2012年3月19日審査登録
JIS Q 14001 : 2006年3月10日審査登録

カラーリンク・ジャパン株式会社
代表取締役社長 佐藤 嘉高
2018年4月1日